/* */

静的サイト化検討

技術情報,時事ネタ(ブログ)

SiteSpeedのスコアがどうしても上がりません。
プラグインは最小限にしてるし、Luxeritasの機能使っても、これ以上のスピードは望めないようだ。

原因と対策

スコア分析すると、JavaScriptが遅いのはGoogle AnalysticsとAdsenseがあるのでしょうがないとしても、やっぱりLAMP Stackのレスポンスが悪いみたい。

よって、JAM Stack化を検討しとるのです。

JAM Stackとはなにかっつうのはこのアタリが詳しいですが、要するにクライアントサイドで処理するということ。
当然ながら田中のサイトはWordPressなので、MySQLとPHPでゴリゴリにサーバーサイド処理となります。

スピードも当然のこと、サーバーサイド(クラウド)のリソースを使うのでお財布にも優しくない。
今の所GAEの無料枠に収まってるけど、いつバズっちゃうとも限らんし。

JAM Stackを軽くテストしてみる

手元にHugo(Go言語で静的サイトをビルドするしくみ)環境を構築して動かしてみました。
Git対応してるんで、HugoとテーマをCloneしてちょいちょいいじるだけでカンタンにWebサイト上がってきます。

が…・

・・・ちょっとWordPressに比べちゃうとキツイ気がする。
田中はいちおうエンジニアですけど、メリデメ整理してみます。

○Goで書かれてるので、GAEとの相性が大変に良い。
○動きは軽い。ハンパない。
○Gitで管理できる。

ちょっとしんどい点は

×テーマが圧倒的に少ない。
×日本語に対応したテーマもやはり少ない
×マークアップ言語で書く
 →技術者以外に更新は難しいんじゃ・・・。
×テーマのフォルダ構造が直感的じゃない。慣れかな?
×デプロイに多少時間がかかる。
×フォーラムとかコメントとか別で実装する必要がある。
 →結局DBとかそれに変わるものが必要。

本当に大規模なサイトでスケーラビリティ、コスト、セキュリティを追い込んでかないと必要ないんじゃないかなー。
もう少し詳しい比較はこちらにもあります。(外部サイト)
https://dyno.design/articles/jamstack-cms-pros-cons-comparison/

結局田中(゜p゜)どうするのか

Gitで管理するところ、スピードにはものすごく興味あるのですが、結局トレードオフにするものが大きすぎる。
コレやるんだったら自作じゃなくてStackBits経由でNetlifyとか投稿用インターフェイスついてそうなホスティングサービス使うかなー。
ただ、コレだとレールが敷かれすぎてて何も勉強にならん気がする。

WPの投稿をフックしてNetlifyに出力できるプラグインあるみたいなので、コメント、フォーラム以外はこっちに出力して、静的サイトにホスティングするとか。

ますますサイト構成が複雑になりそう。