/* */

記事更新: 泥舟からの決死の脱出

時事ネタ(ブログ),更新情報

昔々、スクエニのロマンシング・サガってRPGゲームがあって、田中(゜p゜)はSFC版でリアルタイムにやっとったんですが、サルーインという邪神がラスボスなのです。

このサルーインという邪神は、1000年ほど前、ディスティニーストーンという必殺兵器を身に着けた人間に敗れ、封印されてしまった存在。

このラスボスサルーインが、主人公との対峙の前に言うセリフ。
田中(゜p゜)はこの上なく好きなのです。

・・・・やっときたか・・この日が・・・・

この1000ねんのあいだ なんどとなく ミルザとの戦いを おもいだしたぞ

私の ただいちどの はいぼく!

ゴミのような にんげんに 神が やぶれたのだ!

セリフが流れていって、「はいぼく!」の前で一度区切れるところが秀逸。

神はあらかじめ存在を定義されたものであって、決して過ちを認められないからこそ神なのです。
そして逆に人間は過ちを認め、変われるからこそ人間なのだと思います。

前ふり長くなりましたけど、田中(゜p゜)の ただいちどの ……はいぼく!
泥船から決死の脱出