/* */

Kubenetes(Minikube) on ローカル環境構築

技術情報,時事ネタ(ブログ)

どうしてもGKE上でKusanagi on Docker動かしたい。
けど、KusanagiのGitにはDocker-compose用のyamlしかないので、ローカルでKubenetes動かして、自分でyaml作ってみることにした。

が、ローカル環境構築でとにかく苦戦。
こんな時、Macならトモダチがたくさんいるのにな。

ただ、いちおうダッシュボードまで上がり、テスト用のデプロイも上手くいったので、環境構築はなんとか完了です。環境構築だけでもうグッタリ。ちなみにUbuntu18.04です。

GKEクリソツですが、ローカルのダッシュボード環境です。

構築の「流れ」はブログとか参照で良いが、実際の手順は公式マニュアル見たほうが良いすね。
1ステップごとに2〜3往復して、結局公式の手順に落ち着くんだから。

以下、自分用メモです。

STEP1 Dockerのインストール

ココ。
パッケージでインストールしてまうのが一番早い。
https://docs.docker.com/engine/install/ubuntu/

他のWebサイトにスクリプト流すパターンあるが、パッケージと整合性取れなくなるのでしぬ。

STEP 2 Minikubeインストール

Minikubeは一番しんだ。インストールまではどこのサイトでも一緒だが、スタート時のオプションがnoneやvitualBoxではダメ。 田中(゜p゜)の環境もあると思うが致し方なくdockerを選択。
https://kubernetes.io/ja/docs/setup/learning-environment/minikube/

minikubeなのに1.5GBもコンテナで食ってますよ。
てかそもそもコレ、本当にminikubeなのかしら。Kubenetesなのでは?
田中(゜p゜)の技術力では真実をトレースする余裕がない。

STEP 3(Optional) Dashbordインストール

これは完全に趣味の世界。
GKEのGUIインターフェイスが便利なので、ほしいと思っただけ。

認証周りはトークンでしかできないことに注意。
https://kubernetes.io/ja/docs/tasks/access-application-cluster/web-ui-dashboard/

なんか開発中っぽいよね。Googleの人ならHTML5でサラッと書いてそう。
PROXY上げとかなきゃいけないのも面倒だし。

その他

その他、久しぶりにVS codeとか引っ張り出してきていじってみました。
docker-composeとか右クリック一発でやってくれて便利だな。

Kubenetesのプラグインはまだ動かんです。

続きます。