/* */

LinuxとMacについて

Windows10(OS)て美味しいの?」のカウンターパートとしての記事。
相変わらずタイトルだけを記事一覧に書いてみて、内容に困るというアレです。

↑の記事にも書いた通り、コスト削減、業務効率の観点から、クライアントOSとしてはWindows10一択じゃないか、という田中(゜p゜)の持論はありますが、他のOSはどうなのよ?という観点でこの記事書いてます。

クライアントOSとしてのLinux

正直、クライアントOSとしてのLinuxは…。

ディストリビューションありすぎ! サポートどーすんの?
あと管理ツールとOffice!

という感じです。
個人的にはシンプルなのが好きで、色々カスタマイズできるし、軽いのは大好きなので、Lubuntu使ってますけど。

ITリテラシが低い大多数の一般職員が使おうとした場合に大混乱が生じると思います。
てかあまり聞かないですよね、クライアントOSをLinuxでやってる大企業。

サーバOSとしてのLinux

どうなんだろう?
田中(゜p゜)は安定してて好きですが、それでもディストリビューションが多くて、ナレッジ漁ろうとした時に苦戦するケースが多い気がする。

現に、このサイトでWordPress作ろうとした時、同じようなことやってる人はたくさんいたけど、サーバOS、DB、アプリの組み会わせが田中(゜p゜)のと完全にマッチしてた人はおらず、結局のところ、自分で色々な工夫が必要だった。

あと、クラウドになったらあんまり関係なくなるかもしれないけど、入れるハードウェアの選択肢が多すぎて、何かあった時に責任のなすりつけ合いになるのも気になる。

つまるところ、選択肢が多いことは必ずしも幸せじゃないんじゃないでしょうか。
よく分からないし、楽したいので、みんなが使ってるものを普通に使いたい、というニーズはアリなのかな、と思います。

ただ、全部CLIとテキストの設定ファイルで操作できるってのは、Windowsサーバーに対しての圧倒的優位点なのかな、とは思います。
ボクWindowsサーバーのGUIしか使えないんです、というエンジニアは、将来のことを考えたほうが良いと思う。まじで。

クライアントOSとしてのMAC

田中(゜p゜)は結構好き。
社内の業務をやってる時はOfficeがマトモに動かなかったので、あまり好きではなかったですが、プログラミングやってる時にEclipseとかVScodeとかGitの開発環境作ってると、みんなが同じように悩んでて、Webで検索すると同じような事例が出てくるから。

それとNetBSDベースなので、設定ファイルがテキスト化されてるのもかなり好き。
細かいチューニングができるんですよね。

最終的に世界で最大規模のメーカーが、ハードも含めてサポートしてるので、なんかあった時の拠り所があるのも悪くない。

画像、動画などのデザイン系は今でもMacが主流なんですよね? この当りは田中(゜p゜)も業界に関わったことがないので分からんのです。

サーバーOSとしてのMac

昔そんなのありましたね。(^p^)
今でもあるのかな? 情報持ってません。すみません。

まとめ

つまるところ、用途、利用対象、サポート、さらに好みなんて観点があるのでどれが一概にいいなんて言えないのです。

ただ、いろんなOSが入り乱れてると、総じて運用コストは高くなるので、メインストリームと例外、というような感じで使い分けするのが良いのかな、と思います。

2020/09/12