/* */

転職たくさんするとどうなるか

書いてる人に記載した通り、田中(゜p゜)は転職回数が5回と多いのです。

基本的には、年収上げたいというのはあまりなくて、自分が実現したいことをベースに転職しとるのですが、この5回というのは日本においては多いとされるようです。

複数回の転職経験した田中(゜p゜)のスタンス、転職によるメリット、デメリットをまとめてみました。

基本的なスタンス

今の田中(゜p゜)のスタンスは以下です。

  • 今の状態が居心地が良いなら、さらなる条件を求めての転職はしない。諸々の条件より、カルチャーが合っていることのほうが大切
  • 自分が成長した結果、その会社のカルチャーが合わなくなったと感じたなら、転職を考えたほうが良い。
  • 体調悪いほどストレスフルなら、さっさと辞めたほうが良い。体調崩すと立て直すのが本当に難しい。

転職によるメリット/デメリット

転職した後に感じるメリット/デメリットは以下です。

  • ○未経験とかスキルレスでない限り、年収は上がる。
  • ○身につけたいと思っている領域の仕事につける。
  • ○ライフスタイルに合わせて、労働条件を調整できる。
  • △人間関係がリセットされる。※いいケースもあれば悪いケースもあり、様々。
  • ×人間関係を一から構築し直す必要がある。管理職クラスの場合は結構ビハインドがある。
  • ×カルチャーに合わない企業に入ってしまい、よりストレスフルになる可能性がある。

なんだ、メリットのほうが多いじゃんと思うんですが、日本の場合は「何度も転職するような奴はなっとらん」というような社会思想が根強くあり、転職回数が多いことによるメリット/デメリットというのを考える必要があります。

転職回数が多いことによるメリット/デメリット

  • ×外資も含め、硬い企業は書類でハネられるので、選択肢が狭まる。
  • ×諦めが早くなる。また転職すればいいや、という気持ちになるため。
  • ×面接の時に、退職理由、転職理由を説明するのが面倒くさい。突っ込まれどころが増える。
  • ○様々な企業のカルチャーを比較でき、キャッチアップのスピードが上がる
  • ○社外の交流ができ、仕事の幅が広がる。

ま、確実にデメリットのほうが多いです。
面接の際に、いちいち自分の勤めてきた会社、仕事内容、退職理由を合理的に説明するのって時間がかかるし、面倒なんですよ。合理性に欠けると、そこにネジ込んでくる面接官も多いし。

それより、アサイン予定の業務内容をきちんと説明した上で、応募者からどのように会社に貢献できるか聞いたほうが、よっぽど建設的だと思うんだけどな。

まとめ

  • 諸々の条件よりも、今の会社のカルチャーが、自分と合っているかどうかの方が大切。合ってるなら、その中で何ができるか考えたほうが良い。
  • 転職自体はメリットが多いが、転職回数が多くなると、それなりにペナルティがある。

なんだかとても当たり前な結論になってしまった。日本ではまだこの流れはスタンダードなんでしょうね。

2020/09/16