/* */

「やりたいこと」をどう実現するか

はぁー、記事の中で一番重たいテーマかもしれない。
でも田中(゜p゜)、タイトル書いちゃったからガンバル。

仕事で「やりたいこと」実現するのって難しいですよね。あと、生活とのバランスを取るのも難しい。この記事は、「仕事」と「生活」の観点から、「やりたいこと」を実現するためにどうすればいいのか、考えてみます。

ちなみに田中(゜p゜)は迷走してますが、齢40を超えてある程度世の中の仕組み、企業の仕組み、個人の願望などを垣間見てきて、どうすれば良かったのか、うっすら分かりかけてきたきた気がします。

失敗を繰り返しても、同じように反省を繰り返して、小さな改善を積み重ねていけばいーんです。たぶん。

まず自分が「やりたい」ことは何なのか認識する

当然、人によって、「やりたいこと」が何なのかは違います。
例えば

  • お金をたくさん儲けたい
  • 権力を振りかざしたい
  • 社会的地位を得たい
  • 技術を極めたい
  • 自分の力を社会に還元したい
  • 贅沢せずにのんびり暮らしたい

とか。
あるいはこれらを組み合わせたものかもしれませんが。

これがハッキリしてない限りは、先に進めないと思います。
いわゆる要件つうやつですね。

社会の仕組み(ルール)を把握する

今の世界は、資本主義優勢なので、単純な話「資本を持ってる奴+(適法な範囲で)資本を拡大できる奴がエラい」というのが最も基本的なルールです。
また、稼いだほうがエラい、という価値観は、周囲に大量消費、物質主義を撒き散らします。

これは、いかにキレイ事を言おうとも拭えない、現在の世界を支配するルールです。

だから腐るほど資産持ってたりとか、すげー稼げる人は「やりたいこと」が簡単にできます。ベンチャーで成り上がって、株売り抜けた人なんか、みんなまた好き勝手事業始めたりとか、ベンチャーキャピタル立ち上げて有望な企業の育成手助けしたりしてますよね。

ただ、そもそも「やりたいこと」がお金儲けだった人は、お金儲け切っちゃった時点で燃え尽き、金があっても何も幸せじゃない、とか言い始めますけど(笑)

ルールとやりたいこととのギャップを認識する

そもそも世界を支配するルールと自分のやりたいことが合ってる人は、うまくいく確率が高いです。つまり、お金儲けしたい人。

逆に、それ以外の人は、よっぽど運が良いか、自分を騙しきらないと、だいたいがストレスフルな日常を送る気がします。
のんびり暮らしたいとか、社会に貢献したいとか、技術を極めたいとか。
また、今は良くても、長期的な視野で見ると、ストレスフルになるんじゃないでしょうか。

だって、世界のルールから逸脱してるんだもの。
これってシンプルだけどとても重要なことだと思います。

「手段」を選ぶ

仕事で「やりたいこと」を実現する手段て、それほど多くない気がします。概ね以下の3パターンくらいじゃないでしょうか。

  1. 企業に属し、リソースを借りて大きなことをやる
  2. 自分で起業して、好きなことをやる。
  3. ある程度あきらめて、生活とのバランスを取る

いや、もっと細かく分類できるんだと思うけど、それやるとまとまらなくなるんです。

日本の場合は、(1)が正しいのだ、というような同調圧力があるので、(2)(3)は白い目で見られがちなんですが、そういう生き方をして幸せになってる人の情報が、インターネットの力で表に出るようになって、だいぶ流れが変わってる気がします。

問題は…。
(1)の選択肢が、資本主義のルールに従うことそのものだということかな、と思います。だから、お金儲けを目的としている人以外には合わない。企業って大きくなればなるほど、ルールに従わざるを得なくなるものだから。

(2)については、そもそもお金が稼げないと、やりたいことはできない。
また、稼ぐことにこだわって、レバレッジ目的で人を雇ったり、お金を借りたりすると、ますますやりたいことから遠のいていくので、そもそもそのやりたいことに勝算があるかどうかが重要。

ただ、GAFAとかでも、ビジネスモデルありきだったのはAmazonだけじゃないのかなぁ。
他、急成長した企業でも、スタートアップ期は全然違うビジネスから始めてて、たまたま当たったのが成長したなんてのはよく聞く話で、まずお金が稼げないとどうにもならない。

(3)もそんな簡単ではない。
要は(1)の同調圧力がある中で、いかに世界のルールや会社と距離を取っていくか、という話になると思うんだけど、実力がないと必要最低限のお金すら稼げなくなってしまう。

つまり、全部簡単じゃない。
自分のやりたいことに合わせてどこに身を置くか、というポジショニングは、やりたいことをやる上で、ものすごく大切。

そして、どれが自分に合ってそうか、無理なく続けられそうか、というのを選ぶ必要があるんだと思う。

田中(゜p゜)の場合

田中(゜p゜)の場合は(1)で、お金にあまり興味はなく、「自分の持ってる技術の力で社会貢献したい企業のリソースを使ってレバレッジかけたい」というような思想でしたよ。

結果、クッソストレスフルでしたけど。

結局のところ、ルールから上手く身をかわして生きることを考えないと、ストレスでしんでまう。

今は(3)とか(2)でやる方向に倒れてますが、(2)でやる場合は「拡大しない」という選択肢が、ルールから距離を置く最も良い方法なのかな、と思ってます。

まとめ

  • 今の世界のルールは「お金儲けをしたい」人に向いている
  • それ以外の人は、いる場所を考えたほうが良い。特に大きな企業ほど、ルールに従う傾向にある。
  • 「大企業に就職して出世する」のはルールに従うことそのもの。よっぽど運が良いか、能力がないとストレスフル。
  • 起業するとか、会社と距離を置くという選択肢は、日本でも徐々に広まりつつあるので、自分にとって最適なものを選ぶ。

    なんて、賢い人ならとっくに気づいてそうなことに、40で気づいた田中(゜p゜)って一体…。ま、人生折り返し地点だし、まだ半分もあるさね。